グッズで痛みを止める

内反小趾になると痛みが現れてしまい、最終的には手術を必要とされます。ですので、そうなる前に痛みがあるのならグッズを購入して悪化するのを防ぐといいでしょう。また、自分にピッタリのサイズの靴は探すのが大変ですので、サポートグッズを当てておくといいでしょう。痛みを吸収してくれるので、歩くことができ、日常生活に支障が出ることがありません。

自分で改善する方法

正しい靴の選び方

内反小趾になる原因として、間違った靴選びをしている可能性が挙げられています。ですので、靴屋で可愛い靴を見つけたからといって無理に履いているとこの病気になってしまう原因になるのです。ですので、靴を購入する際は本当に自分に合っているのか試着して数歩歩いてみるといいでしょう。そして、違和感がないのならその商品を購入するようにするのがベストです。

オーダーメイドを注文する

お店や通販で購入した靴でサイズがピッタリだと思っていても、実は足に負担をかけているということが多くあるのです。しかし、オーダーメイドの靴にしておけば少々値が張りますが、自分の足の形に確実にフィットし内反小趾を防ぐこともできるので、検討してみるといいでしょう。そうすることによって、未然に病気を防ぐことができるのです。

インソールを活用する

内反小趾にならないためには、自分の足に合ったサイズの靴を履く必要がありますが、オーダーメイドですとかなり費用が高くなってしまいます。ですので、インソールを靴に入れることによって同じような効果を得ることができます。また、こちらの商品は靴専門店だけでなく、雑貨屋や通販などでも売られているので、探してみるといいでしょう。

広告募集中